2016年9月18日日曜日

『幸福の設計』


<古典>12弾は、

『幸福の設計』(1947)

やはりジャック・ベッケル監督です。
原題は、主人公夫婦の名前から、
Antoine et Antoinette。

この映画の話に入る前に、

ベッケル監督の作品を少し整理するなら;

1943  赤い手のグッピー
終戦
1947  幸福の設計
1949  7月のランデヴー
1951  エドワールとカロリーヌ
1952  肉体の冠
1953  エストラバード街
1954  現金に手を出すな
1958  モンパルナスの灯

(これ以外にも 5 作品ありますが、
それはちょっと措いておいて。)
つまり『幸福の設計』は、
『7月のランデヴー』の直前の映画ということになります。

若夫婦がいます。
まじめ人のいい夫は製本工場(→文化)で、
活発な妻はデパート(大型スーパー?)で働いています。
メトロの Fourche駅近くの小さなアパルトでの「貧乏暮らし」ですが、
若くて愛し合っている二人は、楽しそうです。
ストーリーとしては、
この二人が宝くじに当たるのですが、
換金に行く途中、なんとくじをなくしてしまう、というものです。

まず大事なのは、主人公たちが労働者であること。
というのも、戦後2年、そういう映画は少なくなっているからです。
(この時代に人気があったのは、ジェラール・フィリップだったわけです。
騎士だの貴族だのが、彼の当たり役でした。)

妻は美人なので、
いろんな男たちが狙っています。
隣人のパラサイト青年、
そして、彼らのアパルトの、
通りを挟んで向かいにある食料品店の、
金だけはある、痩せた強欲なエロ親父。
Antoine は、こうした攻撃から妻を守ります。
ただ、
(ここからはピエール・マイヨーに倣いますが)
二人に対する攻撃は、
こうしたものだけではありません。
最も強烈なのは、「消費財」です。
彼らは、洗面所のあるアパルトも、
スーツも、コートも、バイクも、欲しいのです。
戦後たった2年、ここには
「消費社会という新しい歴史的現実」
が出現しているわけです。
強欲親父は、「この現実を体現」しているわけです。

この、「労働者が階級の敵をたおす」映画は、
しかしヒットしませんでした。
「もはや大衆は、労働者がマリアンヌのフィアンセになることを
望まなくなっていた」から。

そしてベッケルは、この映画の制作を通じて、
「労働者の政治の場での影響力が農民程度でしかなく、
単独で権力を獲得するという戦略は放棄せざるを得ない」と認識し、
続く『7月のランデヴー』では、
「労働者や農民以外の社旗階級とはどのようなものであるかという問題と、
この状況の政治的帰結」について考えることになったのでした。
なるほどそれで、
若者たち、だったのですね。